行政書士が稼げない理由 その2

日本行政書士連合会が、2008年に約40,000人の行政書士会員を対象に実施した『行政書士実態調査』というアンケートによると、年間売上高500万円未満という回答が、実に全体の約76%を占めます。

【年間売上高】

75.90% 500万円未満
11.00% 1,000万円未満
5.90% 2,000万円未満
1.80% 3,000万円未満
0.80% 4,000万円未満
0.80% 5,000万円未満
0.70% 1億円未満
0.10% 1億円以上
2.90% 未回答

500万円未満というのは「収入」ではなく「売上」であり、経費を差し引いた年収はもっと低いということです。
いくら行政書士の粗利率が高いと言っても、ほとんどが年収300万円以下で、これでは専業では食べていけません。

行政書士の現状

このページの先頭へ