副業行政書士開業の成功ポイント

副業行政書士の開業を成功させるためには、最低限下記の3つが必要です。

fukugyo-img3

自分の強みとなるサービス

行政書士はその業務範囲が多様化していますが、現在行政書士で引き合いが多いのは下記のようなものです。

●建設業許可申請
●自動車登録・車庫証明
●警察関係の書類の取り扱い
●入管・在留資格取得の手続き

これ以外にも多くの業務範囲がありますが、行政書士と会社員という2つの視点を持ちながら、「あなただからこそお願いしたい」とおもってもらえる自分の強みとなるサービスを決めないといけません。

また同様のことをしているライバルを調査し、価格設定も行わなければなりません。

ターゲットの明確化

問い合わせにつなげるために重要なのが「ターゲット=集客の対象」の明確化です。
サービスに興味のない人にどれだけ知ってもらったところで、結果が出ることはありません。
集客で結果を出すためには、量よりむしろ質のほうが大切なのです。

・女性、男性
・業種 ・20代、30代、40代
・地域
・趣味、趣向

このようなターゲットを意識することで、
・ターゲットに向けて発信するべきテーマが決まる
・そのターゲットがどんな情報が欲しいか
・文章はどんな文章がいいか
・そのターゲットは何を目的にホームページやチラシを見るのか
が分かるようになり、伝えたいことが伝わります。

営業と情報発信のツール

起業・開業するときによく使われている宣伝広告ツールには下記のようなものがあります。

 ・ロゴマーク
 ・名刺
 ・パンフレット(チラシ)
 ・封筒
 ・ホームページ
 ・ブログ
 ・SNSツール(facebook,twitterなど)
 ・メルマガ

起業するときには、なるべく費用をおさえたいと思いますが、今の時代は、少なくとも名刺と情報発信ツールは必要です。
  
また、ツールを準備することも大切ですが、準備したツールをどのように使うかという宣伝戦略もとても重要です。

お問い合わせフォームはこちらから

副業行政書士カテゴリのページ

このページの先頭へ